会社の歴史




  • 昭和25年頃より、武蔵野チェーンとして、新宿では飲食業を展開・神奈川県箱根町では、旅館を経営。
    高級割烹 武蔵野茶寮&ビヤホール武蔵野等で、繁華街、新宿を一層盛り上げました。




  • その後、時代が移り変わるにつれて、飲食店から不動産業へ。
    武蔵野茶寮のあった新宿二丁目には本社ビル(武蔵野ビル)、そして、テナント業へ。

    また、ビヤホール武蔵野のあった新宿三丁目には、駐車場経営(武蔵野駐車場)を37年間営み平成27年5月からは、東急ステイ新宿として生まれ変わり、ビル管理業へ。

    箱根では、武蔵野観光旅館 本館/別館 2館を経営。現在は、「武蔵野本館 箱根吟遊」「四季の湯座敷 武蔵野別館」「箱根 時の雫」3館となり、各館、個性豊かな雰囲気のサービスを提供しております